Rpはめねじの規格のみでR(PT)のおねじと組み合わせて、ねじ部の耐密性を必要とする管の結合に使用します。

GはGのめねじとGのおねじを組み合わせて、ねじ部の耐密性を必要としない管の機械的結合を主目的に使用します。

(Oリング等を使用し耐密性を必要とする管の結合に使用する事も有ります。)

RpのタップとGのタップのねじ部の基準寸法は同じですが、許容差が異なり太さが違います。

Rpタップの許容差はマイナス、Gタップの許容差はプラスに規定されており基本的に共用は出来ません。