・有効径はねじで最も重要な要素です。

・定義は「ねじ溝の幅がねじ山の幅に等しくなるような仮想的な円筒(又は円すい)の直径」と規定されています。

・おねじとめねじの締結はフランク(ねじ山の斜面)の接触により機能が発生し、おねじとめねじの有効径の差が少ないとしっくりとした良好なはめあいとなり、差が大きいとガタの大きいはめあいになります。

・有効径が所定の規格内に仕上がっているかどうかの確認方法はねじゲージで検査します。

おねじは「ねじプラグゲージ」の通りゲージと止まりゲージを使用します。