切削タップはめねじの溝を切削して作りますので切りくずが発生します。

ロールタップ(盛り上げタップ、転造タップ、溝なしタップとも云います)は切れ刃が無く、ロールタップ用の寸法に開けた下穴にタップのねじ山を食い込ませて被加工材料を塑性変形させめねじを作るので切りくずを出しません。