タップでねじを切る際、刃が欠けたりするのを防ぐためです。被削材にいきなり完全なねじ山を切ろうとすると、タップに過大な力がかかり刃が欠けてしまいます。

タップの先端のねじ山が斜めになっていることで、少しずつねじを切っていくことができ、負担が少なくなるのです。