・ハンドタップとは直溝の切削タップの総称です。

・標準的な等径ハンドタップの食付き部(切れ刃部)の種類はテーパ部の長さの違いで3種類有ります。

テーパ部の長さは先(1番)タップ=9山、中(2番)タップ=5山、上(3番)タップ=1.5山です。

・選定としてはタップハンドル等を使用する手回しでのタッピングが原点ですが、先タップでめねじの入り口側に案内部を加工し、中タップ又は上げタップ(袋穴等)で仕上げる方法が基本です。

現在は機械加工が主になっており、加工条件により(先)(中)(上)のどれかを選定し1種類のみでタッピングすることが多いです。