次のアドバイスを参考にしてNDIに連絡しましょう。

ケース

アドバイス

目づまり発生

☆目直し(ドレッシング)

・ドレッシングとは砥粒間のボンド剤を除去して、鋭い切刃を突出させることです。

 ツルーイングするとホイールは目つぶれを起こし研削できません。研削作業に入  る前に、ドレッシングを行ってホイールが自由に切削できるようにしてください。

 ドレッシングはシリコンカーバイトのスティック又はアルミナのスティックを用いてホイール面に強く押し付けてください。ホイールの目つぶれがひどい場合には、多くのスティックを消耗するでしょう。参考までに次にダイヤモンドホイールとCBNホイールのドレッシングスティックの粒度と結合度を示しておきますが、ドレッシングは必ず湿式で作業するようにしてください。ホイール面に粒度のズラリーができる程度に研削液を使います。こうすれば、ほこりもたたずスムーズにドレッシングする事が出来ます。

(ダイヤモンド=150~200mesh)=G.C#100~120 軟結合度

(CBN    =150~200mesh)=W.A#150~200 硬結合度

 

・余り強固な金属目詰まりや、取代の多い形直しが必要でしたらNDIへご依頼ください。大至急ツルーイング又はドレッシングをいたします。

 

GC/WAスティックを使用して目直ししましょう! 

 

ダイヤ表面がデコボコになる

(片べりする)

形直し(ツルーイング)

・ツルーイングは主軸を中心に完全なる真円及び望み通りの形状になるように、ツルーイング工具でホイール外周又は面を切削又は研磨することです。ホイール取り付け後、外周又は面がフレているホイールは被削材を強く打ったり、早期摩耗したり、仕上精度が悪くなります。しかし過度のツルーイングは良くありません。ホイールのダイヤ及びCBN層を無駄にして寿命を縮めます。必ず湿式で接触面に直接かかるようにしてください。

*単石のダイヤモンドドレッサーを使用する事はさけてください。

ツルーイングのための工具としては、ダイヤモンドホイールの場合はシリコンカーバイト砥石のブレーキ付ツルーイング装置が良いでしょう。

CBNも同じ方法ですが下記に示すようにシリコンカーバイト砥石の粒度と結合度を変えてください。

(ダイヤモンド=150~200mesh)=G.C#60~100硬結合度

(CBN         =150~200mesh)=G.C#120~150中結合度

・ボンド変更 ・結合度変更

ツルーイング装置で形直ししましょう。

 

 

ワークの仕上面が粗い

荒仕上げ

#100~#140

中仕上げ

#170~#230

仕上げに使いたい

#400~#600

・結合度変更

・粒度変更

・NDIへ☎

         

                     (JISを基準とする)

研磨に時間がかかる

(仕上げがきれいすぎる)

荒仕上げ

#100~#140

中仕上げ

#170~#230

仕上げに使いたい

#400~#600

 

・ボンド変更

・結合度変更

・粒度変更

・NDIへ☎

                      (JISを基準とする)

ライフが短い

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レジンボンド(B)

レジンボンドホイールは、ダイヤモンド・CBNパウダーを熱硬化性樹脂で結合したものです。この樹脂にはフェノール樹脂と耐熱性樹脂とがあり広範囲な用途に使用されています。円滑な自生作用が得られるように結合されており、一般研削はもとよりセラミック研削・同時研削・重研削(クリーブフィード)においては高い研削比を示しています。

メタルボンド(M)

メタルボンドホイールは、ダイヤモンド・CBNパウダーを特殊金属粉末で焼結したものです。このボンドは優れた保持力を示しボンド剤硬度も高く、形状変化を嫌う作業や高寿命を望む場合プロフィール研削・超硬・ガラス・セラミックなどの切断・研削には優れた性能を示します。

ビトリファイドボンド(V)

ビトリファイドボンドホイールは、ダイヤモンド・CBNパウダーを特殊セラミック質の粉末で結合させたものです。このボンドは弾性変形が少なく、耐摩耗性はレジンボンド・メタルボンドの中間です。

特にPCD・PCBN工具の研磨には最適です・

電着ボンド

電着ボンドホイールは、ダイヤモンド・CBNパウダーを特殊電気メッキ法で、合金の形状へ緻密に砥粒が電着されたホイールです。砥粒突出量・表面集中密度が高く、他のボンド剤に比べ良好な研削比を発揮します。

総型・内面・治具研削など広範囲に使用出来ます。

ダイヤモンド・CBNホイールの結合剤

 

・ボンド変更する ・結合度変更

75%

3.3ct/cm³

100%

4.4ct/cm³

125%

5.5ct/cm³

・コンセント(集中度)up

 1cm³に含まれるダイヤモンド及びCBNの量

NDIへ☎

 

 

切れ味が悪い

・コンセントup

・ボンド変更

・粒度変更

・結合度変更

NDIへ☎

ダイヤ部が焼けた

・ボンド変更 ・結合度変更 ・使用条件のチェック NDIへ☎

びびり

・結合度変更 ・使用条件の変更 ・砥石バランス ・使用機械のチェック

NDIへ☎

(注意)使用状況によっては、必ずしもアドバイスの内容が解決策にはならない場合もございます。

    お気軽にNDIにご連絡下さい。